Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
今何時?おみくじっ!
京都のお天道様
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
100回ガミ

 
14日から16日まで1Fの雑貨店が入り口&電気工事を行うことになり、
急ではありますがこの3日間は当店もお休みさせていただくことになりました。

この期間1Fからの階段の利用が不可能なため『お参り休業』といたしました。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。


一口入れて100回噛むまで食べ物を飲み込まない。


これはある種、『究極の健康法』だと思います。


「そんな噛んでたら口の中の食べ物が無くなっちゃう。。。」

なんて声も聞きますが、 そんなことはないんです。
慣れていないのでい、つの間にか自分で飲み込んでしまっているんです。


大事なのは喉に通っていきそうな食べ物も、
グッと喉を閉めて100回噛み終るまでは
胃に流さない意識を持つ様にすることです。


難しい方は一口を30回ほど噛んでから飲み込む努力をしてみましょう。

通常、食事を無意識にすると人は5〜7回ぐらいしか噛みません。
(100回ガミをお店でしながら他人の噛み具合を調査したこともあります笑)


舌には味覚と言う味を感じる能力があります。

「現在は皆さんの食事の仕方では舌の能力を引き出されていナーイッッ!!」

と、僕は言い切っても過言ではないです。
(ここは自分で何年間も実践した経験者なので強気です笑)


『良く噛むこと』


これは人とのお付き合いと一緒です。

表面的な付き合いだと楽かもしれませんが、
自分の中に空虚感が残り、流されてばかりで
物事の判断能力も育っていきません。
しっかり面と向かって本音で付き合えれば、
相手の深いところも見えてくるし、自分も成長していきます。

噛むことは食(自分の一番根本を構成するエネルギー要素)とのお付き合いです。
食べ物の素材よりもごまかしや調味料の味つけを美味しいと思ってしまう感覚、
これは食べ物と表面的なお付き合いをしているだけで、
深いお付き合い、本当の素材の味を感じるまでに至っていないのです。


100回噛むと良く会話をした後と同じように、
『味の本質』 が感じられるようになっていきます。

口に入れた料理が粉々に、
段々唾液と混ざってペースト状にまでなります。

普段感じるまでに至らない真の味が感じられる様になります。
今まで好きで食べていたものが、
「実は自分の感覚には無駄なものだった」なんて感じることも多いです。


慣れて来ると本当に細かい味の違いが分かるので、
白米だけ出されて味見しても味がどう違うだけではなく、
銘柄や産地まで分かるぐらいの感覚になります。


『素材の良さ』が自分の感覚で判断できるようになるんです。


   「忙しいから無理!」

と言う方も是非試していただきたいです。
きっと心の余裕さえも見出せるようになりますよ♪


噛み合わせ=神合わせなんて言い方もします。
噛むと言う動作が無ければ我々は栄養が摂れませんからね。
(毎日離乳食だったら別かもしれませんが。。。)

噛むことがどれだけ大事で、どんな効能があるのか
実体験を基にまたの機会にご説明したいと思います。


※やっていただければ感じていただけるものと思います^^


串田


祇園ノレン 内臓参り (京都式マッサージ)

posted by: 祇園ノレン内臓参り(京都式マッサージ) | 身体のこと | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:43 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://iyasinoren.jugem.jp/trackback/1168
トラックバック