Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
今何時?おみくじっ!
京都のお天道様
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
自律神経に作用する心身の原因
 
自律神経とは、自分の意志と関係なく内臓や身体に作用するものです。


「感情」や「気持ち」といった心の状態が知らず知らずのうちに
自律神経を通して内臓に影響したり、逆に内臓の状態が心に影響したりします。



心の状態が内臓に影響する一例を挙げて行きたいと思います。


『怒』 : 怒りが強すぎると肝臓・胆のうを傷つけ、
      また肝臓、胆のうに異常があると怒りやすくなります。


『喜』 : 過度にハイテンションになると心臓・小腸を乱し、
      精神の乱れは心臓・小腸の病を起こします。


『思・憂・悲』 : 過度の悲しみや憂いは肺・大腸を乱し、肺・大腸が
      乱れると憂い悲しむようになります。


『恐・驚』 : 過度の恐れや驚きは腎臓・膀胱を痛め、腎臓・膀胱が
      弱ると恐れ驚きやすくなります。


このように、心が不安定で感情や気持ちが大きく揺れると身体にも悪影響が
ありますし、内臓がお参りできていないと感情も制御しきれません。
内臓参りは心身ともに健康になる為の近道とも言えますね。



串田

京都祇園のレン 内臓参り (京都式マッサージ)
posted by: 祇園ノレン内臓参り(京都式マッサージ) | 身体のこと | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:33 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://iyasinoren.jugem.jp/trackback/1208
トラックバック